【おすすめ動画】FXトレーダーとして起業!個人事業主や法人になるメリットは?

2020/07/15 / 29

◆こちらは動画の自動文字起こし情報です、実際の動画と異なりますので、正しい情報はぜひ動画をご覧ください。

FX個人から法人に変えるメリットとタイミングについても併せて説明してくつもりです。
早速結論からお話しすると子のメリットデメリットっていうのは主に税金の違いですそもそも FX。
個人か個人事業主か法人か。
趣味やあとお小遣い稼ぎで FX トレードしてるって言うとは個人に該当しますおそらく大部分の人がこの個人に該当すると思います。
一歩進んでFXトレード事業として取り組んでいこう出方は個人事業主であったり法人という形をとります。
これらの主な違いっていうのは税金のかかり方なんですね。
まこ
まこっからそれぞれの税金の取り扱いであったりだとかあとメリットデメリットっていうのをお伝えしていこうと思います
税金の違いなんですがまず更新から説明していくと個人の税率合計は20.315%になります。
所得税が15%住民税が5%あと復興特別所得税っていうあの東日本大震災の復興に合ってるんですねこれが0.315%で合計20.3。
で個人にかかってくるエフェクトの税金メリットとしてはまず税率がママ低いってこと後利益が20万円以下なら減速確定申告。
そして基礎控除38万円が使います。
デメリットとしては経費として認められるものが少ない他の所得と損益通算ができない繰越が3年しかできない男ですね。
何て言うのは例えばあの会社からの給与と FX トレードの赤字を相殺しあって埋め合わせることができないってことです。
個人事業主個人事業主の税率はちょっと幅があって合計で言うと15%から60%ですこれ内訳は所得税がるい。
5から45%住民税が10%で個人事業税が3から5%。
に関しては所得が290万円を超えた時に発生してきます。
先ほど累進課税って言ったんですけどこの所得税が5パーから45%幅があるのはこれあの所得の金額によって変わってくるパーセンテージが変わってくるんですね。
稼げる金額が大きければ大きいほど税率も高くなるような感じです。
メリットとしては利益が小さいと税率が低いマルイ新課税なので稼げる金額が小さければかかってくる税率も小さいですねあと。
認められるものが多い他の所得と損益通算ができる青色申告特別控除65万円が使えるというところですねメイト。
が大きいと税率が高くなると毎年申告が毎年申告が必要で記帳義務があると赤字の繰越は3年しかできない。
おそらく稼げる金額が大きくなると一番税金の負担が多くなるがこれこの個人事業主なんですね最大で60%なるので。
結構厳しいと思います。
4人ですね。
法人の税率はちょっと複雑なので成立した合計で約30%くらいですねかかってくるのは主に三つで法人税が15パーから23.2。
後法人住民税が法人税の12.9%プラス均等割っていうことで7万円が絶対にかかってきます。
3.4から6.7%で合計だと約30%ぐらいが税金で引かれるって言うな感じですね。
デメリットとしてはまず経費として認められるものが多い後他の所得と損益通算ができる。
7年できる各種控除節税対策が使えるということで4人になると赤字の繰り越しは7年できるですよこれは結構大きなメリット。
他の個人だとか個人事業主3年しかできないので。
あとデメリットとしては利益が大きいと税率が高くなるあと赤字でも地方住民税が7万円かかる。
が必要で記帳義務がありあと法人設立や維持に費用と手間がかかるというところでまさかのちょっと説明したんですけど法人住民税ここはぜ。
7枚あるですよ。
個人とか個人事業主だと赤字であれば税金って掛からないですが法人に限って言うと赤字つまりマイナスであっても最低限払わなきゃいけない税金があるのだ。
厳しいところかな。
魔法陣って税金に限らずこの以下二つのメリットがあるですねは何かっていうとまず一つ目があればれっ子がい。
あと喪失が限定されるっていう事です。
ゆうりってどういうことかって言うと。
FX レバレッジ25倍までなんですねただ個人口座だと最大で100倍ぐらいまで取引できます。
つまり同じポジションを持つのに4人だとより少ない証拠金でトレードができるんですね。
リスク管理所すごい友里なってきます。
そいつが限定されるっていうのはどういうことかって言うと仮に例えば大きなポジションを持って予想外に自分の思惑の方向とは反対の方。
で結果多額のお医者を抱えたとなったとしても法人の場合は最悪その法人を倒産させてしまえば支払い義務っていうのなくなっちゃうんですね。
これ結構大きなメリットで例えば個人でやっててお衣装がかかった場合お衣装ってなるんですねその証拠金がゼロになってさらに。
借金が発生するって事があのね動きによってはあるんですけどその借金を抱えた時に個人だとぜ。
支払い義務から逃れられないですよ。
出た場合にもよるんですけど FX トレードの場合自己破産とかも出来ないんですね。
法人だと無法人お父さんさせてなくなっちゃえば個人まで支払い義務は負わなくて済むというところがあります。
ねこれちょっと説明してくと長くなるので詳しくはこの動画の概要欄にリンクを貼っておくので詳しく見たい方はそちらから確認してみてください。
てことでじゃあどの携帯で行くのがいいのかっていうところを説明していくとその個人が個人事業主か法人かこの三つでどう。
FX で稼げる金額を目安に決めるといいです。
ここでは四つ準備したんですけどまず年収が FX トレードでの年収が20万円以下の人。
20万円から60万円の人が60万から800万の人年収が800万以上の人この4パターンで準備してみました出ますで年収20万円以下の形は。
個人のまま確定申告するしてもらいてことでは何もしなくてもいいよと個人のままでいてください。
年収が20日60万円ぐらい稼げるようになったら。
血を引いても利益が20万円以上残るんであれば個人事業主になってもいいかなっていうところですね。
ラインレベルアップしてねん60から800万ぐらい稼げるようになったっていう風になるともう個人事業主となって経費を計上する手の。
申告をするので納税額を押さえていくと。
レベルアップしてもう寝ん800万以上エフェクトレディ稼げるようになったよとなったらま法人を設立して税理士と共に各種控除であったとか先生対策を行ってもいいのかなっていう風に。
篠栗北地震はどうしてるかっていうところなんですけど。
今個人事業主として FX トレードをしています。
ぶっちゃけ僕昨年と一昨年は年収800万以上だったんですが。
ように法人化はしていません。
進化しない理由っていうのはこの四つの理由があって一つは事務手続きが多いっていうことで二つ目が資産を自由に動かせないということで三つ目は税理士費用が大きいっていうこと。
税務調査率が高いこと。
事務手続きが多いっていうのは僕以前ちょっと法人かを調べたんですけど法事になるのにあたってまた起きだったとかマイト。
この二つ結構な事務手続きが発生するんですねこれが面倒くさかった後舌の自由に動かせないっていうことに関してはやっぱり混ん。
お金の取り扱いて別になるのででしこ法人のお金って自由に動かせないですよなのでトレードとか投資をやっていく上で待っ資金移動ができない。
結構大変だなっていう風に思いました。
今日が高いっていう文に関して言うと法人化するとどうしても全然がすごい複雑なので絶対税理士を雇わなきゃいけないんですねその前。
もしお金だいたい70万から100万ぐらいかかってくるんですよ。
個人事業主としてやってる場合はフリーっていうあのークラウド会計サービスを使ってあとそのクラウド会計の入力代行。
だいたい年5万円ぐらいで申告業も行ったんですね。
今ね5万円で住んでる者が70万100万円払わなきゃいけないとなるとちょっと差がでかいなと。
沼子の税理士費用あとまあ僕が使ってるクラウド会計 freee。
今日手間税理士費用が高いっていうのとあと最後税務調査リスクが高いっていうところですね税務調査が入る確率って法人だと3.2%なんです。
個人事業主だと1.1パーセントに盛るんですよ。
4人だと30年に1度個人事業主だと100年に1度くらいの確率なんですね。
個人事業主から法人になると税務調査が入るリスクって3倍になるんですよ。
ここもちょっと法人化をストップさせるわけになっちゃいました。
今僕としてはまぁ多少は税金が高かったとしても向こう行って諸々の手続きの多さだとか費用の負担だとかを考えると個人事業種のままでいいかなと思ってます。
ただビバレッジの高い法人口座使えるっていうのはリスク管理の面で結構大きなメリットなんですよね。
もし僕が今後年収が2000万超えたら3000万を超えてきたら魔法進化するかないいような感じです。
ってことで最後まとめに入ります。
携帯は個人か個人事業主か法人かこの3パターンです。
これらの大きな違いっていうのは税金でそれぞれにメリットデメリットがあります。
切り替えるタイミングについては取れの収益の大将で見極めるべきです。
今日の動画は以上ですもし今日の動画ためになったという方がおられたら是非チャンネル登録をお願いしますということでありがとうございました。
投資対象カテゴリ: FX
納品フォーマット: その他
取引成立から納品までの目安: 即日
購入者推奨環境: スマホOK
ご留意点など: https://www.youtube.com/watch?v=cHGtrC8_mEo
掲載情報に関して

不適切な掲載情報を発見された際はお問い合わせからご連絡ください。
期限切れの掲載情報などございましたらご連絡ください
情報への問い合わせ・応募は直接出品者に送信されます。
本サイトは、いかなる取引にも関与せず、支払い、発送、取引の保証、エスクローサービスの提供、購入者の保護や売り主の保証といった事は一切行いません。